平成30年定時総会(ご報告)

 当会の平成30年定時総会は,5月12日(土)午後1時から,福井商工会議所ビル「コンベンションホール」(福井市)において開催しました。
 青垣幸仁副会長が開会を宣した後,中尾亨会長が挨拶をし,「近年,社会情勢はめまぐるしく変化しているが,これらの変化に対応しつつ,更なる司法書士制度の発展に向けて,会員各位と共に,制度のPRに努めて参りたい。」旨を述べました。
 次いで,式典を執り行い,表彰では,長年に渡って司法書士業務に精励された会員に対して,その功績を称えて表彰状が授与されました。続いて,小鷹狩正美福井地方法務局長,八木宏福井弁護士会副会長,加藤栄一福井県土地家屋調査士会長からご祝辞を頂戴しました。祝電が披露された後,永田廣次日本司法書士会連合会理事が,日本司法書士会連合会長の祝辞を代読し,式典を閉じました。
 会議では,司会者の髙村弘人理事から総会成立の報告がされ,議長に杉谷英昭会員,副議長に前川貴志会員がそれぞれ就任し,平成29年度事業及び会務報告が行われた後,議案の審議が行われました。審議の結果,議案の全部が提案どおり承認されました。
会議終了後,新入会員4人が紹介され,入会に当たっての抱負を述べました。
最後に,田島義規副会長が閉会を宣し,平成30年定時総会を終了しました。

福井県司法書士会トップページに戻る