福井県司法書士会

福井県司法書士会

不動産の相続・売買、会社の登記、成年後見、借金などのご相談は最寄りの司法書士まで!

ご相談はこちらまで 0776-30-0001

ご相談Q&A

相続に関する事

相続の手続きに関する業務を承っています。

  • 財産を相続したり、贈与をうけるとき
  • 財産争いや家庭内のトラブルを解決したいとき

相続とは?

 人が亡くなると(亡くなった人を被相続人と呼びます)その相続人に被相続人の権利、義務が承継されます。これを一般に相続と呼びます。人の死亡により相続が開始されると原則として権利、義務が法定相続分に従い相続人に承継されますが被相続人が遺言書を作成していたり、相続人間で法定相続分を修正する遺産分割協議がなされる場合もあります。

相続人とは?

 相続人は法律で定められた相続の権利を有する人で、配偶者と被相続人の子・直系尊属・兄弟姉妹に大きく分けられます。
「配偶者」 夫にとっては妻、妻にとっては夫をさします。婚姻届のない内縁関係の場合は、相続人にはなれません。
「子」 実子は、結婚することにより籍が別になっていても男女に関わりなく相続権があります。養子も実子と同様に相続人になります。
「直系尊属」 父母、祖父母、曽祖父母等をさします。直系尊属が相続人になれるのは亡くなった人に子、孫もいない場合です。親等の近い者が優先的に相続人になります。
「兄弟姉妹」 亡くなった人に子も孫も直系尊属もいない場合、その人の兄弟姉妹が相続権を持ちます。

 生前相続人であった人に相続が発生する場合もあります。例えば被相続人Aの相続人B、Cの内Bがその後死亡しBの相続人がDである事案です。DはAの相続財産の内Bの相続分を相続することになりますし(被相続人Aの相続人Bの相続分をDが相続することを数次相続と呼びます)、Bの固有の財産も相続することになります。
 では上記の事案でBがAより先に死亡しBの相続人がDとすると相続関係はどうでしょうか。DはBの相続財産を相続しかつAの相続人DとしてAの相続財産を相続します。DがAの相続人となることを代襲相続といいます。

相続財産とは?

 相続の対象となる遺産は、土地や預貯金といったいわゆるプラスの遺産ばかりではなく、個人の借金等のマイナスの遺産もその対象となります。プラスの遺産としては、土地・建物、現金、預貯金、マイナスの遺産としては、借金、債務、損害賠償金等があります。
 相続開始を知ってから3ヶ月を過ぎると、単純承認といって、借金を含めた一切の遺産を引き継ぐことになる場合があります。但し遺産の総額をはるかに超える額の借金が残っている場合には相続権を放棄することができます。相続放棄の申立ては、相続開始があったことを知ってから原則として3ヶ月以内に、被相続人の住んでいた地域を管轄する家庭裁判所で行います。

相続分とは(昭和56年1月1日以降に開始した相続について)

 相続分とは、法律で決められた相続人に対する相続分の割合です。
(1)相続人が配偶者と子の場合
 配偶者が全遺産の2分の1を、子が2分の1を相続します。子が複数いるときはこの2分の1を均等に分けます。子が3人いれば子1人あたりの相続分は全遺産の6分の1になります。ただし、非嫡出子は嫡出子の2分の1となります。
(2)被相続人に子がいない場合
 配偶者が全遺産の3分の2を、直系尊属が3分の1を相続します。配偶者がいなければ直系尊属が全遺産を相続します。
(3)被相続人に子も直系尊属もいない場合
 配偶者が全遺産の4分の3を、兄弟姉妹が4分の1を相続します。兄弟姉妹の相続分は原則として均等に分けます。ただし、父母の一方が異なる場合の兄弟姉妹の相続分は、父母双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。

 (1)(2)(3)のように法律で定められた相続分ではなく、相続人全員で相続財産をどのように分けるかを決める遺産分割協議をする方法もあります。但し相続人全員の合意が必要になるので相続人の一部が行方不明の場合は、行方不明者に財産管理人を選任してその管理人が協議に参加します。また失踪宣告の要件に合致していれば失踪宣告により失踪者の相続人が協議に参加することもできます。
 相続人間で分割の協議が調わない場合は、裁判所に遺産分割調停を申し立てることもできます。
 さらに相続人が遺産分割協議を行う判断能力がない又は判断能力が不十分な場合は後見人等を選任し、その者が協議に参加する場合もあります。

遺言の種類は?

 特定の財産を特定の人に遺したい場合、遺言書を作成する必要があります。要件などが厳格に規定されているので作成するときは注意が必要です。
(1)自筆証書遺言
 遺言の全文、日付及び氏名をすべて自分で記載し、名前の下に押印して作成します。
「メリット」
・ 費用がかからず自分だけで作れる
・ 遺言を作ったことを秘密にしておける
「デメリット」
・ 形式不備により法律上無効になる可能性が公正証書遺言より高い
・ 遺言の存在を秘密にしていた場合、発見されない可能性がある
・ 家庭裁判所の検認が必要
(2)公正証書遺言
証人の立会の下遺言者が公証役場の公証人に遺言内容を口述し公証人が作成する公正証書によって遺言をする。
「メリット」
・ 公証人が作成するので形式不備により無効になる確率が格段に低い
・ 原本が公証役場に確実に保管されている
・ 家庭裁判所の検認が不要
「デメリット」
・ 作成のために一定の費用がかかる

相続登記をするには?

 土地や建物の登記名義人が死亡した場合には、実際に相続した人に所有権移転登記を行うことができます。いつまでに申請しなければならないなどの制限はありませんが、関係者の合意が得られたら早めに済ませておいたほうがいいでしょう。
 必要書類の主なものとして、被相続人については出生から死亡までの戸籍・住民票の除票等が、法定相続人については、戸籍(謄)抄本がそれぞれ必要になります。実際に不動産を取得する人については住民票も必要です。共同相続人の間で、遺産分割の協議が成立しているときは、実印押印済遺産分割協議書及び印鑑証明書が必要です。


このページの先頭へ


福井県司法書士会〒918-8112 福井県福井市下馬2丁目314番地 司調合同会館 TEL.0776-43-0601

Copyright© FukuikenShihoshosikai All Rights Reserved.

リーガルサポートセンター 法テラス 未来につなぐ相続登記